コワーキングスペース

工事に取り掛かる前の様子です。

まだ看板も何もありません。

(もともとは洋服屋さんだったようです。)

天井を塗ってます。

・・・

 

天井は、壁の色や床の色を跳ね返す効果があります。

(くすんでいると、部屋の雰囲気も薄暗くなりますよ。)

 

 

今回は真っ白に塗り直しました。

床を暖色系にすると、天井も暖色系に反射します。

古い建物は、コンセントが不足することが多いです。

 

そりゃ昔は、パソコンも携帯もUSBもなかったので、

こんなに「充電」なんてありませんでした。

 

今回は、床下配線のために、二重床を作っています。

壁のコンセントの追加も、床下経由で配線できますし、

床にもコンセントを付けています。

色合いのチェック。

塗料は木材によっても発色が変わるので、

合板や樹種を変えて、サンプル作りです。

ニスを塗るとさらに鮮やかになりますね。

壁に貼るウッドタイルの準備をしています。

アクセントカラーをどこに入れようかな?

 

壁に貼ったらどうなるのかイメージしたくて、

スタッフに床に寝てもらい写真を。

「ふーむ。わかるようなわからないような・・・。」

ウッドタイルを、壁に設置していきます。

基準線を下書きして、

フィニッシュという細い釘を、エアー工具で固定。

ドアにもは貼ったので、広く見えます。

地元のアーティストに看板の製作を手伝っていただきました。

「まさか手書き?!」

と言われましたが、、、手書きです。

プロの看板屋さんにお願いするのは簡単なのですが、

どうしても既製品だと、あったかい感じに仕上がらないと思います。

プリンターには出せない味が、今回の狙いです。

その看板にフレームをつけると、こんな感じに。

もちろんフレームも手作りです。

設置すると、こんな感じになりました。

大きな看板も手作業です。

マスキングシートをくりぬいて、文字を書く。

たくさんの方に応援していただいて、

意外に早くできました。

完成!

設置すると、こんな感じに。

茶色の木材で縁取りしました。

家具も手作りです。

アクセントカラーを入れて、空間に遊びごころをプラス。

ペンキを塗るって、みんな楽しそう。

「工作って得意だったのよね〜」

「昔の図工の時間を思い出すわ〜」

ものを作るって、楽しいですよね。

床に耐水塗料で仕上げ。

家具はニスで仕上げて。

みんなで拭き掃除していよいよ仕上げに。

入り口にカッティングシート貼り。

看板もセンサーライトをつけて、夜になると自動でライトアップ。

ウッドタイルに、ロゴを設置。

ロゴも手作り。

完成!!!

 株式会社ミライデザインワークスは、お客様と一緒に工事をすることが得意な建築チームです。

 

 店舗・住宅のリノベーションや家具づくり、屋外設備(看板・ベンチ)、庭・駐車場・敷地全体の計画などトータルで提案いたします。せっかくならば、一緒に工事をしてみませんか?(作業の一部だけでも構いません。)ノコギリや金槌、ペンキやハケを使うのって、とても楽しいですよ!リノベーションのことなら何でもお気軽に相談くださいませ。

 

 「建物」も「まち」も、みんなで作る時代です。

 

(私たちは、参加者と一緒に工事することを、DIYならぬDIO(Do It Ourself)と呼んでいます。)

 

 DIYならぬDIO(Do It Ourself)で、一緒に楽しみながら、想いや希望を「カタチ」に実現しませんか。

 

 

 

株式会社ミライデザインワークス

〒982-0001

宮城県仙台市太白区長町7-12-4 DIOSS長町南

Email: ojima@mirai-designworks.jp